毎月赤字ボーナスなし、借金や住宅ローン、教育費などが家計を圧迫しているけど貯金や節約する方法や上手なやりくり体験談などをご紹介します。

毎月赤字ボーナスなし!家計が苦しい!貯金する方法や節約方法は?

毎月赤字ボーナスなし!貯金や節約方法は?

毎月赤字でさらにボーナスもない!その中で貯金や節約する方法は?

投稿日:

毎月赤字でボーナスもなしで

大変な思いをしていませんか?

いろいろな出費や支払いで気がつけば毎月赤字。

頼みの綱のボーナスも期待できない・・

となると出費をできるだけ減らしていくしかありません。

でもどうやって減らしていけばいいか分かりませんよね。

そこで今回は、経験者の体験談をご紹介します。

困った時に頼れるのは、実際に経験している人の

生の体験談です。

そこから生まれるアイデアや知恵はとても参考になります。

あなたの赤字生活を改善するのにとても役立ちますので

ぜひ読んでみてくださいね。

 

30代前半女性
二人目の子供が産まれる直前に中古マンションを購入しました。
元々購入を検討していたところで妊娠発覚し、ついに念願の持ち家です。
しかし育児中の自分が働けず、けっこう苦しいです!

購入前は、旦那の収入だけでもローンを払いながら十分生活していけるはずの計算だったのですが…
旦那の仕事柄、年間で繁忙期とオフシーズンの差が激しいのです。つまり忙しい時期は高収入に見えますが、仕事の無い時期は最低限の給料になります。

平均するとそう高くは無い年収に。加えてボーナスがありません。生活ができなくはないけれどしっかり節約して出来るときに貯金しておかなければ、子供が二人もいて今後やっていけません。

実は貯金、貯蓄ですが、私には少しまとまった額があるのです。なので今現在も不便なく生活しています。
ちなみに旦那は独身時代からの貯金はゼロ。家計管理は自分が何とかするしかありません。

毎月、決まった額をまず子供の通帳に移してしまいます。残りからライフラインに必要な金額を引いて、更に残ったお金を食費、日用品費にあてています。新居に引っ越してからは、買い出しは主に業務用スーパーや安い八百屋さんを利用しています。近所にあって幸運でした。また、外食や、お弁当を購入することさえほぼ無くなり毎日自炊しています。

一週間で使える費用を設定します。
これでだいぶ食費はおさえられています。
そして、子ども手当!少なくともこれだけは使わず貯金しておかなければなりません。
早く働きに出たいものです。

 

30代前半女性
毎月生活が苦しい、貯金がない、という場合、主婦にとっては食費も頭痛の種になりますよね。

買い物する場合、どこが安いのかということを出来る限り把握しておきましょう。主婦が仕事をしている場合、なかなか「あのスーパーが安いからあのスーパーに行く」ということができないかもしれません。しかし、出来る限り安い場所で買うということが大切なのです。

また、閉店間際になると食品が2割引や3割引、半額などになります。そのようなタイミングを狙っても良いかもしれません。もちろん、閉店間際になったからといって欲しいものが安くなるとは限りませんし、他の人にとられてしまう、ということもあるかもしれません。

しかし、もしも試したことがなければ、いちど閉店間際のお店に行ってみてください。節約するならば惣菜などは買わない方が良いですが、もしも100円で5個のコロッケを買うことができるならば、お得ですよね。それだけで朝食にもなりますし、次の日のお弁当にすることもできます。

また、冷凍しておけばしばらくは使うことができますから、閉店間際のスーパーは食材の宝庫なのです。ただし、仕事をしていると夜出かけるなんていや、疲れてしまって大変、ということもあるかもしれません。可能ならば家族に付き合ってもらうということも重要です。

 

30代後半男性
私の勤める会社では安月給かつ、不況のあおりでボーナス無し。
妻と子供を抱え、毎月赤字の状態に陥っていました。

こんな状態では先々が不安と考え、徹底的なコストカットと副業による収入などを実践しました。
コストカットについて、まず見直したのがお小遣い。
夫婦5000円ずつのお小遣いを0にし、習慣的に飲んでいた缶コーヒーやオヤツを止めるようにしました。

その為、職場のお昼ご飯の白米と味噌汁をお代わりしてお腹いっぱいにし、おやつが食べらない状態にし、どうしても我慢が出来ない時は、水筒のお茶をがぶ飲みして誤魔化していました。
またこれまで買っていた雑誌類などもすべて辞め、暇な時はネットを見るようにしました。

副業についてはクラウドソーシングと覆面調査を活用。
毎日コツコツ記事を書きつつ、覆面調査でガソリンや外食をタダ(中にはプラスのものも)で利用するなど、本業に支障がない範囲内で行うようにしていました。
副業だけで毎月約2万円程度の収入があり、おかげでかなり生活が楽になりました。

節約については、最初の内はしんどかったものの、覆面調査で時々豪華な食事を取れたので、次第に苦痛になる事は無くなりました。
おかげで全く貯金出来ていなかった状態から、毎月3万円程度貯金が出来るようになり、生活が少し安定しました。

 

40代後半女性
私の家庭は毎月決まって赤字になります。
養育費や住宅ローンはありませんが、光熱費、クレジットの支払いが家計を圧迫しています。
私も主人もほぼ決まったお給料でボーナスもありません。
急な出費が出ない事を毎月祈っています。

生活をする上で、クレジットを利用してしまう事があるのですが、後の支払いがキツイので、あまり利用しないようにして生活をしています。
お給料日の前に、その月の支払いを計算して、コンビニ払いと引き落とし分で分けて、残りの分で、食費や雑費を賄っています。

幸い、私の住んでいる地域には、問屋スーパーや業務スーパーがあるので食品はまとめて購入しています。
お肉等は1食分ずつに小分けして冷凍したり、パスタ等の日持ちするものや10個入って140円の冷凍コロッケ等を買ったり、野菜等は1週間に1度スーパーで購入しています。

生活に必要な洗剤系もドラッグストアーだと安いですし、ポイントも貯まってお得なんですよね。
光熱費や通信費も家族で話し合いをして使い方の見直しをしています。
家族で節約意識を高めれば、意外と光熱費も節約出来るんです。

毎月、少しずつですが貯金も出来るようになってきましたが、急な出費が出てしまうと、貯め直しになってしまうので、健康管理もきちんとしながら、病気にならないように心掛けています。

 

60代前半男性
自営業で毎月60万程収入が在ったのですが、5年前に病気で仕事が出来なくなり、収入は0円になってしまいました。唯救われているのは従業員が1人いるので月に7万から9万円程の収入が在ります。

■60万円から7万円と激減してしまった。
当然、支払いも足りません、食費も赤字です。毎月の収入が在った為に貯蓄は0円でした。いきなり病気で仕事が無くなるとは夢にも思っていなかったのが残念です。勿論ボーナスは在りません、

■食費など節約をしても足元にも及びません。
妻が35年ぶりに仕事に就きましたがやはり足りる事は無く、毎月の赤字です、人は一度生活レベルょ上げてしまうと、中々落とす事が出来ません。今はカードが使えるので少しずつ借り入れをしながらなんとか食べて行っている状態です、このままでは破産するしかないのですが、何とか仕事を見つけて収入に繋げて行きたいと思っています。

■収入のある時に貯金や貯蓄をした置けばと後悔しています。
月に60万円在った時でも足らないと言っていたのに、今10万円程で何とか生活が出来るので在ればあの60万円は何だったのでしょう。その分だけ贅沢をしていたのだと思います、皆さんも何時収入が無くなるのか分かりません。その時のために今の内から計画をして置いた方が良いと思います。

 

毎月赤字の中での貯金節約方法はいかがでしたでしょうか。

目指すのは貯金ですよね。精神的にも大分楽になります。

でもその前に赤字を止める必要があります。

そのためにはお金の使い方をしっかり計画しておきましょう。

無駄な出費をなくしていき、さらに生活必需品の出費額も

少なくしていけば赤字をなくすことも可能です。

今回の赤字中の節約体験談には多くのアイデアやヒントがありました。

それらを有効に活用して、ぜひ生活を良くしていってください。

あなたの悩みが1日も早く解決されることを願っています。

-毎月赤字ボーナスなし!貯金や節約方法は?
-, , ,

Copyright© 毎月赤字ボーナスなし!家計が苦しい!貯金する方法や節約方法は? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.