毎月赤字ボーナスなし、借金や住宅ローン、教育費などが家計を圧迫しているけど貯金や節約する方法や上手なやりくり体験談などをご紹介します。

毎月赤字ボーナスなし!家計が苦しい!貯金する方法や節約方法は?

毎月赤字ボーナスなし!貯金や節約方法は?

毎月赤字ボーナスなし!貯金や貯蓄、食費や節約は?

投稿日:

毎月赤字!

しかもボーナスなし!

という家計状況はかなり厳しいですよね。

一人暮らしでも大変ですが、

家族がいるとなるとさらにきつい状況になります。

なにかと出費がかさみ、気がつけば毎月赤字・・

しかも会社からのボーナス収入もあてにならないとなると、

出費をできる限り抑えていくしかありません。

今回は、毎月赤字でボーナスなし!の状況下での、

貯金方法や節約方法をご紹介していきます。

こういうとき一番頼れるのは経験者の経験談ですね。

リアルな体験者ならではのアイデアや工夫がいっぱいあります。

今回赤字の中でやりくりしてきた体験談をのせていきますので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

30代前半女性
最近は様々なポイントが貯まるクレジットカードがありますよね。専業主婦でも申請することができるクレジットカードも増えました。クレジットカードは購入額に応じてポイントを貯めることができ、そのポイントで商品を買うことができる、ということもできますからぜひ利用してみてください。

もちろんポイントの還元率によっても違ってきますし、貯めたポイントでどの程度のものが手に入るのか、ということによっても好みのクレジットカードが出てくるかもしれません。

100円に1ポイント付くクレジットカードがあれば、200円で1ポイント、というクレジットカードもあります。また、電気代等の支払いをクレジットカードですることにより、ポイントを多く食べるということもできますよね。クレジットカード払いが可能ならば出来る限りクレジットカードを使う、ということにより、ポイントをさらに多く貯めることができます。

もしも新たにクレジットカードの申請を考えるのであれば、新規申し込みにより5000ポイントつく、などというキャンペーンをやっていることもありますので、出来る限りお得なクレジットカードを選んでみてください。友達に紹介することによりポイントを得られるということもありますので、交友関係を利用するということも重要です。

 

30代前半女性
毎月経済的にギリギリの生活をしているととても大変ですよね。しかし、現実的に節約しながら生活していかなければいけません。

まず、食費と言うものはなかなか切り詰めることができませんのでまずは娯楽費から見直しましょう。もしも外食をしているのであれば、外食はまず避けた方が良いです。

また、できる限りお惣菜を買うこともやめましょう。出来合いのものは特に働くお母さんにとっては強い味方ですが、これはお金がかかります。簡単なものでもいいから自分で工夫をして作ることにより、多少のお金を節約することが可能になるのです。

そして電気代や光熱費、水道代なども見直してみましょう。特に冬場は暖房をつけることにより光熱費は上がります。そのため、冬の光熱費は痛手だと感じる人もいるかもしれません。

それならば定額払いと言うシステムを利用してもいいかもしれません。定額払いであれば毎月同じ金額になりますから、翌月の光熱費等にドキドキする、と言うことを防ぐことができます。

また、電気代等に関しては使っていないもののコンセントを抜くだけでも節約ができます。電子レンジなど、時間表記が必要なものは毎回コンセントを抜くな、と思う人もいるかもしれません。しかしそれだけでも節約になるのですから使うときだけ利用する、と言うやり方をしてみると良いかもしれませんよ。

 

40代後半男性
派遣の仕事で手取りは少なくボーナスもありません。

出費を抑えるために食費を節約しています。
ちょっと我慢が必要ですが、ご飯は自分があまり好きでないものにします。

たとえば私は魚がいまいち好きではありません。そこで魚の定食や、仕事帰りお惣菜を買う時も魚関連のものを買います。すると食欲がわかなく食べる量が少なくて済みます。

もちろん栄養が偏らないように、栄養バランスは考えながらの食糧チョイスが必要です。そうするとダイエットにもなり、またバランスが良い食事をしていたら健康にもなります。決してガリガリを目指すのではなく、健康に痩せながら食費をおさえるのがポイントです。

また貯蓄ですが、飲み会等は基本断ります。そしておそらくかかるであろう飲み会代の半分を貯金します。
出費を抑えお金がたまるという算段です。どうして半分だけ貯蓄するかというと、全額貯蓄するとさすがに生活を圧迫してしまうからです。

また、一回ジョギング(約30分くらい)をしたら貯金箱に300円をいれるようにしています。これは以前ジョギング後に缶ビールを買っていましたが、いまは缶ビールを節約し、飲んたつもりで300円を貯蓄するのです。こうすると体力も付き、ダイエットができ、貯金もできるという計算です。

以上が私がやってる苦しいときの節約・貯蓄方法です。

 

30代前半女性
毎月赤字になるような状態で生活をしているのであれば、まず貯蓄のためにどこの銀行利用するか考え直さなければいけません。最近では利子率が非常に悪いですよね。何百万と預けても数円しか利子がつかない、多少でもつけば良い方、と言う状態です。

しかし、最近ではネット銀行なども発達し、比較的利子率が高い銀行も存在します。貯蓄が全然ないと言う状態ならばなおさら、利子率が高い銀行を利用しなければいけません。仮に貯蓄が全然ない状態であったとしても、多少なりともお金を預けるのであれば銀行はしっかりと選ばなければいけません。

そして少しでも余裕があるならば定期預金を利用しましょう。定期預金であれば普通預金よりも利子率が上がることが多いです。貯金がない状態で定期預金を利用するなんて辛い、と思う人もいるかもしれません。しかしまとまったお金があれば出来る限り多く、出来る限り長く定期預金を利用することによって利子を上げることが可能になります。

お金はお金に稼がせる、と言うことすれば多少は負担が減るのではないでしょうか。生活費が苦しいと貯金をすると言うこと自体に意識が回らないかもしれませんが、出来る限り利子が高い銀行にお金を入れると言うことを意識しましょう。

 

40代後半女性
毎月赤字家族にありがちなのが、固定費の見直しをおざなりにしている点です。
特に「必需品だから」と見直しをかたくなに拒否しているのがスマホ代。
もしも毎月赤字であるのならば、通信費の見直しは必須だと覚悟しましょう。
格安SIMへ移行すれば、如何に今までの支払額が高額だったのかが判ります。

また、電気代も日々の努力だけではなかなか節約できません。
そこでアンペア数を下げて基本料金を下げてしまえばいいのです。
そのときに不便さが生じないようにするためにはドライヤーと電子レンジを一緒に使わないなど、使用アンペア数を考慮して生活すればOK。
慣れると不便さを感じることはなく、支払額が安くなったほうがいいと思うようになるはずです。

食費は買い物に行く回数を減らすことが一番効果があります。
回数が増えれば増えるほどに、うっかり買ってしまうリスクが高くなるのは間違いなし。
そのため、「買い物は週に○回」「金額は上限○円」と絶対条件を頑なに守るようにしてください。

お醤油が無くてもお味噌があればなんとかなるものです。
お米が無かったら、朝からパスタを食べたって問題なし。
お金を使わないことを最優先に、赤字解消できたら、もう少し努力のハードルを上げて貯金に挑戦しましょう!
しばしの我慢が功を奏します。

 

赤字の中での節約術はいかがでしたでしょうか。

いろいろなアイデアが有りました。

できるところから生活に取り入れていってくださいね。

一度流れができれば毎月でも持続できます。

毎月赤字でも少しずつ改善していけば、

たとえボーナス無しでも出費を抑えて赤字をなくせるかもしれません。

少しずつの継続が貯金を実現できる近道と考えて、

地道にやっていってみてくださいね。

そんな時に力になるのが、今回のような

体験者のリアルな経験談です。

ぜひそれらの知恵や経験、アイデアを活かしてくださいね。

あなたの悩みが解決することを願っています。

-毎月赤字ボーナスなし!貯金や節約方法は?
-, , ,

Copyright© 毎月赤字ボーナスなし!家計が苦しい!貯金する方法や節約方法は? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.