毎月赤字ボーナスなし、借金や住宅ローン、教育費などが家計を圧迫しているけど貯金や節約する方法や上手なやりくり体験談などをご紹介します。

毎月赤字ボーナスなし!家計が苦しい!貯金する方法や節約方法は?

住宅ローン・教育費が家計を圧迫!負担を減らす方法は?

住宅ローンや教育費で毎月家計が苦しい!負担を減らす方法は?

投稿日:

毎月家計が赤字!かなり苦しい!

という家庭は日本全国とても多くなっています。

中でも家計を圧迫するのは、

住宅ローンと教育費。

この2つは生活に必要ですが、

額もかなり高いため

どうしても日々の家計に大きな影響がでます。

住宅ローンや教育費が払えない!という事例も多くあります。

なんとか払えていても、住宅ローンや教育費にほとんどすべて費やして、

肝心の生活費がカツカツなんてことも多々ありますね。

食費も満足に残らなくては本末転倒です。

そこで今回は、住宅ローンや教育費の負担をなんとか減らす方法、

家計の圧迫を軽減させる方法などを体験談としてご紹介していきます。

どれも役立つ内容ですので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

30代後半女性
教育費は年齢にもよりますが、小学生・中学生のいる家庭で使えるのが「就学援助」です。これは毎月の給食費と学校に掛かる雑費の一部を市町村から支援してもらえる制度です。一応、所得制限がありますが「住宅ローンが高すぎて生活できない」ような事情がある場合にも援助してもらうことができます。

1人あたり月5千円くらいの援助をしてもらえるのでとても助かります。入学する年や修学旅行に行く年度にも数万円単位で支援してもらえるので、家計が苦しい家庭にとってはかなりありがたい制度です。

住宅ローンは毎月の大きな負担になりますが、すでに家計が苦しいというのは毎月の支払額が大きいからです。我が家も収入が少ない時に家を建て、その後に子どもが生まれたのでどんどん家計が苦しくなってしまいました。こういう場合にオススメなのが繰り上げ返済です。お金がないのに繰り上げ返済なんてどうやってするのか、と思われるでしょう。繰上げ返済のうち「返済額軽減」型を選ぶと、毎月の支払額を減らすことができるんです。

就学援助で年に3回ほど教育費が支援してもらえますので、それを貰うたびに繰り上げ返済をしていけば住宅ローンも少しずつ減らすことができます。できればボーナスや臨時収入も繰り上げ返済に回していけば早く効果が得られます。教育費は高校生・大学生になるともっと家計を圧迫してきますので、それまでに住宅ローン額が減ればずいぶん家計も楽になります。

 

40代後半女性
夫と息子と暮らしている主婦です。
現在、パートをしていますが、貯金ができない状態です。
いえ、貯金は使い果たしてしまったと言った方がよいでしょうか。

結婚して息子が小学生までは、私が専業主婦でも夫のお給料で家のローンも払えていて、まだ貯金をする余裕もありました。
ですが、息子が塾に通うようになってからは次第に家計を圧迫し始めました。

よい塾に通いたいと言い出せば反対などできません。
将来のために希望する塾に通わせてやりたいと思うのが親心です。
しかし、息子が望む塾はとても高額で、しかも他の塾と掛け持ちで通いたいと言い出したので、たちまち貯金は底をつきました。

今は、私がパートをして夫の生活費に足している状態です。
それでも、その日暮らしがやっとなのです。

なんとか毎月赤字にならずに済んでいるのは、食生活を変えたからです。
それまでは栄養を考えて手の込んだ料理を何品か出していましたが、今はそんなことはしていられません。
お腹がいっぱいになればいいという考えで、週の内2日は買い置きしてあるインスタントラーメンが主食の時もあります。
ラーメンに卵焼きとウインナーでご飯を食べさせます。
そしてカレーやシチューをたくさん作り、3日は持たせるようにしています。
節約は食費でするしかできないので、頑張っています。

 

40代後半男性
私は49歳、男性、会社員です。家族は家内と中学二年生になる子供の3人家族です。正直、住宅ローンの返済と子供の学費でハマってしまっています。住宅ローンは少し無理をして54歳で完済するプランを組んでしまったのです。子供が大学生になる前に住宅ローンが終わっていれば大学の進学費用は少しは楽に貯まるだろうと考えました。

けれどもその考えが甘かったのです。その分、今の毎月のローン返済はハンパなくキツくなってしまっています。おまけに我が子は塾にも通い始めましたので、住宅ローンと塾の月謝のダブルパンチで我が家の家計は火の車です。

そんな状況をなんとか軽減するために私がしていることは、基本的に自分で出来ることは自分でするのが基本。私は近所の家電量販店でバリカンを買ってきました。今まで毎月3,000円程度の散髪代がかかっていましたけれども、それを軽減させようという目的です。バリカンは7,000円ほどかかりましたけれど、それでも3ヶ月も経てば元が取れるので効果はなかなかだと思います。最近のバリカンは優秀です。とても自分でカットしたようには見えないくらい出来栄えはカッコよく仕上がります。

私のお小遣いはここ数年、1円たりとも上がっていません。上げてもらえるお金があったら住宅ローンの返済にでも回すということですよね。少ないお小遣いは大切に使わなければなりません。そのため私はお昼ご飯は食べないか、食べても会社の外に食べに行くのではなく、世間相場よりも安い社食で必ず食べるようにしています。これをするだけで1ヶ月1万円はセーブすることが出来ますよ。

基本的にお金を使うときはクレジットカードで支払うことが原則ですね。これは何故かと言うともちろんポイントが貯まるからです。効率よくポイントを貯めるためには使うクレジットカードは1枚に集約すること、それと家内が使うクレジットカードも家族会員になり共有出来るのが良いですね。

そして貯まったポイントはスーパーなど生活必需品を買うお店で使えることというのも重要です。こんな感じでコツコツと節約をしていくとかなり負担を減らすことが出来ます。住宅ローンや教育費で困っている人、是非参考にしてみて下さいね。

 

毎月家計が苦しい中、

さまざまなアイデアや工夫をされていますね。

今回の体験談はいかがでしたでしょうか。

とても参考になったと思います。

こういう状況下で最も役立つのは

実際の体験談です。

リアルな内容なので実践しやすいわけですね。

ぜひ今回の体験談を参考に、

できるところから生活に取り入れて、

少しずつでも家計の状態を良くしていってくださいね。

住宅ローンや教育費はかなり家計を圧迫して

大変ですが、経験者のアイデアや工夫を取り入れて

実践していけば少しずつでも改善されていくことでしょう。

このサイトでは、ほかにも毎月赤字の中での

節約方法や貯金方法の体験談などを多くのせていますので、

そちらもぜひ読んでみてくださいね。

どれも貴重な内容になっていますよ。

-住宅ローン・教育費が家計を圧迫!負担を減らす方法は?
-, , ,

Copyright© 毎月赤字ボーナスなし!家計が苦しい!貯金する方法や節約方法は? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.